青山の家|老後を快適に暮らす


|建築概要|

お施主様のお仕事の引退時期に合わせて、今まで住んでいた家を解体し新しい家を計画しました。これから家で過ごす時間が増えることから、一日中温度変化のない家(熱を蓄える家)が暮らしに合っていると考え、暖房・断熱を検討。暖房は床暖房(アクアレイヤー)と薪ストーブを併用し、断熱材はセルロースファイバーを採用しました。
1階に寝室を配置し、普段の生活は1階ですべて済ますことができるように計画。独立したお子様たちが帰省した際に寝泊まりする部屋は2階に配置しました。


|建築DATE|

床面積 121.23㎡(36.59坪)
外 装 シラスそとん壁掻き落とし仕上げ
内 装

壁/中霧島ビオセラ塗り
天井/1階 中霧島ビオセラ塗り 杉羽目板張り(LDK)  2階 杉羽目板張り
床/杉板

 




  • お問い合わせ

見学



見学